THE GOLD DISC ゴールドディスク/月次認定作品

THE JAPAN GOLD DISC AWARD MONTH

ゴールドディスク大賞/月次認定作品

日本レコード協会では、1989年1月21日以降発売の作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合、下記の基準にしたがってゴールドアルバム等の認定を行っています。この認定は、会員各社からの申請に基づき、毎月10日の認定作品の講評を実施しています。

  • ゴールド・アルバム他 認定基準枚数一覧
    ゴールド
    100,000
    以上
    プラチナ
    250,000
     
    ダブル・プラチナ
    500,000
     
    トリプル・プラチナ
    750,000
     
    ミリオン
    1,000,000
     
    2ミリオン
    2,000,000
     
    3ミリオン
    3,000,000
     
    4ミリオン
    4,000,000
     
    5ミリオン
    5,000,000
     

月次認定作品はこちら

PAST AWARD 過去のゴールドディスク大賞
  • 1st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 中森明菜 洋楽 マドンナ
  • 2nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1988 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 レベッカ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 3rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 BOOWY 洋楽 ボン・ジョヴィ
  • 4th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 サザンオールスターズ 洋楽 マドンナ
  • 5th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1991 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 松任谷由実 洋楽 マドンナ
  • 6th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 ガンズ・アンド・ローゼズ
  • 7th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 マドンナ
  • 8th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1994 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 WANDS 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 9th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1995 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 10th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1996 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 11th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1997 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ミー・アンド・マイ
  • 12th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 Artist of the year 邦楽 GLAY 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 13th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1999 Artist of the year 邦楽 B'z 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 14th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2000 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 15th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2001 Artist of the year 邦楽 浜崎 あゆみ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 16th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2002 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 BACKSTREET BOYS
  • 17th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 18th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 女子十二楽坊
  • 19th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 Artist of the year 邦楽 ORANGE RANGE 洋楽 QUEEN
  • 20th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2006 Artist of the year 邦楽 倖田 來未 洋楽 O-ZONE
  • 21st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 倖田 來未 洋楽 ダニエル・パウター
  • 22nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2008 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 23rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 マドンナ
  • 24th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2010 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 25th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 レディー・ガガ
  • 26th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2012 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 レディー・ガガ
  • 27th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 シェネル
  • 28th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 ONE DIRECTION
  • 29th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ワン・ダイレクション
  • 30th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2017 第31回 ゴールドディスク大賞

第31回日本ゴールドディスク大賞について

当協会は、1987年に日本ゴールドディスク大賞を制定し、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティスト及び作品を顕彰してまいりました。おかげさまで多くの音楽ファンに支えられ今年で第31回の節目を迎えることとなりました。


日本ゴールドディスク大賞は、その選考基準を「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な基準により、"いま日本で最も親しまれているアーティスト・作品"を選出しています。


第31回日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2016年1月1日~2016年12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。


一般社団法人日本レコード協会

アーティスト・オブ・ザ・イヤー

邦楽
アーティスト
メーカー
ジェイ・ストーム
  受賞コメント

いつも応援していただきありがとうございます!皆さまのおかげで、栄えある賞をいただくことができました。最新アルバムのタイトルは「Are You Happy?」ですが、4月スタートの9年振りのアリーナツアー「“Japonism”Show in ARENA」や、11月からの5大ドームツアー「LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?」など年間を通してファンの方々を近くに感じることができた、僕たち自身がまさにHappyな1年でした。そして今年も作品やメディア、ステージを通じてたくさんのHappyをお届けできるよう頑張ります!!
(嵐)

洋楽
アーティスト
アリアナ・グランデ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

“世界がときめく超実力派歌姫”アリアナ・グランデによる、前作から約2年ぶり、世界待望の3rdアルバム『デンジャラス・ウーマン』。
世界70の国と地域のiTunesで1位を獲得したこのアルバムは、オリコン週間アルバム・ランキングにて自身最高位の2位を獲得し、デビュー作以来3作連続オリコンTOP 3入りという、洋楽初の快挙だけでなく、2016年のオリコン年間アルバム・ランキング洋楽1位を獲得した。

ページトップ

ベスト・エイジアン・アーティスト

アジア
アーティスト
BIGBANG
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  受賞コメント

とても意味のある賞を頂き、本当に光栄です。僕たちBIGBANGは、デビューしてから10年間さまざまな活動をしてきました。
その結果がこんなに素晴らしい賞に繋がったのではないかと思います。
僕たちをここまで成長させてくれたのは全てのファンの皆さん、そして僕らの音楽を愛してくれる方々のおかげです。本当にありがとうございます。
皆さんからの大きな愛に応えられるように、これからも初心を忘れずに頑張ります。まだ足りない部分が沢山ある僕たちBIGBANGですが、これからも宜しくお願いします。
(BIGBANG)

ページトップ

ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト

 
アーティスト
氷川きよし
メーカー
日本コロムビア
  受賞コメント

応援してくださったファンの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。昨年は、シングルでは初めての”女心”を歌った作品、「みれん心」1曲に賭けて頑張りました。この作品で、たくさんの男性演歌ファンの皆様にも応援して頂けるようになり、本当にうれしいです。今年は、演歌の王道ともいうべき作品、新曲「男の絶唱」を皆様に愛して頂けるよう、心を込めて歌って参ります。ありがとうございました。
(氷川きよし)

ページトップ

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー

邦楽
アーティスト
欅坂46
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

この度は、ベスト5ニューアーティスト、ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞させていただき、本当にありがとうございます。
このような賞を受賞させていただき、本当に嬉しいです。
2017年も欅坂46チーム一丸となって、精一杯頑張ってまいりますので、これからも応援どうぞよろしくお願いします。
(欅坂46 菅井友香、守屋茜)

洋楽
アーティスト
フィフス・ハーモニー
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

世界中のティーンが熱狂、平均年齢20歳、米出身のダイナマイト・ガールズ・グループ。最新アルバム『7/27』からのシングル「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」のミュージック・ビデオ動画再生が驚異の13億回を越え、2016年YouTubeで最も見られたミュージック・ビデオに認定されるなど世界的大ヒットを記録。昨年7月に、わずか52時間滞在の弾丸初来日を果たし、2017年3月にはPOPSPRINGにヘッドライナー出演のため2度目の来日を予定。

アジア
アーティスト
iKON
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  受賞コメント

一生に一度しかないニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーという素晴らしい賞を頂き、とてもうれしいです。
特に日本では、デビュー1年目でしたが、足りないところも多い僕たちをいつもあたたかく応援して頂き、感謝の気持ちしかありません。
これからもiKONのことをもっと知ってもらい、誰にも愛される良い音楽とパフォーマンスでお会いしたいと思います。
2017年、もっともっと頑張りますのでよろしくお願い致します。
(iKON)

ページトップ

ベスト5ニュー・アーティスト

邦楽
アーティスト
AK-69
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

まず、今回このような賞を頂けてファンやレーベル、事務所のスタッフの皆に感謝しています。
長年活動してきてニューアーティストとして扱われるのは、若干の違和感を感じますが、去年憧れのDef Jam Recordingsと運命的な契約を果たし、今この賞に至っている事実に、改めて自分のドラマを感じます。
これからも自身の音楽を貫き、己の活動に誇りを持って挑みたいと思います。
(AK-69)

  作品情報

AK-69『DAWN』は、米ヒップホップ名門レーベル、Def Jam Recordings移籍第1弾アルバムにして自身のマネジメント・カンパニー“Flying B Entertainment”設立後初のアルバム。AK-69自身の新章スタートの象徴として、またこのアルバムでHIP HOPシーンはじめ様々な事象が"夜明け"を迎えることになるトリプル・ミーニングの『DAWN』というタイトルが冠せられた。

邦楽

アーティスト
欅坂46
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

秋元康 総合プロデュース、乃木坂46に続く「坂道シリーズ」第2弾。
2015年8月21日、乃木坂46結成から4年後の同じ日・同じ場所で結成。2016年4月6日「サイレントマジョリティー」でデビュー。5月にけやき坂46(ひらがなけやき)も発足し、32名のメンバーで活動。

邦楽
アーティスト
ピコ太郎
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  受賞コメント

ゴールドディスク大賞ピコぉ??!
いくら衣装がゴールドディスクだからと言って…こんな栄誉ある賞…
まさに、嬉しんガーソングライターでピコです!衣装がゴールドディスクと言うのが違うと思いますが
ありが田丸美寿々でございます!ぴ!
(ピコ太郎)

邦楽
アーティスト
BOYS AND MEN
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

この度は、このような賞を受賞できてとても嬉しく思います。
いつも応援してくれているボイメンファミリーの皆さんありがとうございます。
この賞に恥じないように、これからも名古屋のエンターテイメントをステージから全力で発信していきたいと思います。
まだ僕たちを、知らない方々がたくさんいらっしゃるので、その人たちにも認めてもらえるようなグループに成長していきます。
十人十色のBOYS AND MENをこれからも宜しくお願いいたします。
(BOYS AND MEN 水野勝)

邦楽
アーティスト
My Hair is Bad
メーカー
ユニバーサル ミュージック

ページトップ

ベスト3ニュー・アーティスト

洋楽
アーティスト
カイゴ
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

“癒し系EDM=トロピカル・ハウス”サウンドの火付け役として、絶大な人気を誇るノルウェー出身のDJ/プロデューサー、“トロピカル王子”=カイゴ。世界最速でストリーミング・サービス<Spotify>で再生回数1億回を達成し、デビュー・アルバム『クラウド・ナイン』は、全米ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャート1位、全世界18カ国のiTunesチャートで1位、日本でもiTunes総合アルバム・チャート2位、ダンス・アルバム・チャートでも1位を獲得。2016年9月にはULTRA JAPAN 2016のヘッドライナーとして初来日も果たした。

洋楽
アーティスト
フィフス・ハーモニー
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

世界中のティーンが熱狂、平均年齢20歳、米出身のダイナマイト・ガールズ・グループ。最新アルバム『7/27』からのシングル「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」のミュージック・ビデオ動画再生が驚異の13億回を越え、2016年YouTubeで最も見られたミュージック・ビデオに認定されるなど世界的大ヒットを記録。昨年7月に、わずか52時間滞在の弾丸初来日を果たし、今年3月にはPOPSPRINGにヘッドライナー出演のため2度目の来日を予定。

洋楽
アーティスト
レイチェル・プラッテン
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

米ボストン出身の女性シンガー・ソングライター。大学卒業と同時に音楽活動を開始。10余年の下積み活動を経て2015年に発表した「ファイト・ソング」が世界的に大ヒットに。夢を諦めず自分を信じて頑張っている人たちを応援する同曲を収録したアルバム『ワイルドファイア』で2016年念願のメジャー・デビュー、アルバムは全米5位を記録。「ファイト・ソング」は日本でも大ヒットし、2016年の初ライヴでは会場一体が大合唱となった。

ページトップ

ベスト3ニュー・アーティスト

アジア
アーティスト
iKON
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  受賞コメント

一生に一度しかないニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーという素晴らしい賞を頂き、とてもうれしいです。
特に日本では、デビュー1年目でしたが、足りないところも多い僕たちをいつもあたたかく応援して頂き、感謝の気持ちしかありません。
これからもiKONのことをもっと知ってもらい、誰にも愛される良い音楽とパフォーマンスでお会いしたいと思います。
2017年、もっともっと頑張りますのでよろしくお願い致します。
(iKON)

アジア
アーティスト
N.Flying
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  アーティスト情報

“New Flying”、“Next Flying”という強い飛躍の意志を込め韓国で結成された新時代を築く4ピースのラップ×ロックのニュー・トレンド。2013年インディーズ時代、先輩バンドFTISLAND、CNBLUEのオープニング・アクトでファンを魅了。
2016年シングル「Knock Knock」で遂に待望の日本デビュー、最新作は2nd シングル「Endless Summer」。

アジア
アーティスト
Nana
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  アーティスト情報

2000年台湾生まれのチェリスト。フィラデルフィアのカーティスト音楽院に最年少の生徒のひとりとして13歳で入学。2014年に中国映画『北京愛情故事』、2015年には『破風』に出演。女優としても活動する中、2016年4月にアルバム『Nana15』で日本でデビュー。同年6月には初の日本公演も行う。

ページトップ

ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト

 
アーティスト
羽山みずき
メーカー
日本クラウン
  受賞コメント

この度は日本ゴールドディスク大賞「ベスト・演歌/歌謡曲・ニュー・アーティスト」を受賞することができ、大変嬉しく思っております。
いつも見守ってくださっているファンの皆様や家族、そして支えて下さっているスタッフの皆様のお陰だと思い心より感謝申し上げます。
この賞を励みとして、これからも出会いを大切に努力を忘れず精進していきますので、今後とも宜しくお願い致します。
本当に有り難うございました。
(羽山みずき)

ページトップ