THE GOLD DISC ゴールドディスク/月次認定作品

THE JAPAN GOLD DISC AWARD MONTH

ゴールドディスク大賞/月次認定作品

日本レコード協会では、1989年1月21日以降発売の作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合、下記の基準にしたがってゴールドアルバム等の認定を行っています。この認定は、会員各社からの申請に基づき、毎月10日の認定作品の講評を実施しています。

  • ゴールド・アルバム他 認定基準枚数一覧
    ゴールド
    100,000
    以上
    プラチナ
    250,000
     
    ダブル・プラチナ
    500,000
     
    トリプル・プラチナ
    750,000
     
    ミリオン
    1,000,000
     
    2ミリオン
    2,000,000
     
    3ミリオン
    3,000,000
     
    4ミリオン
    4,000,000
     
    5ミリオン
    5,000,000
     

月次認定作品はこちら

PAST AWARD 過去のゴールドディスク大賞
  • 1st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 中森明菜 洋楽 マドンナ
  • 2nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1988 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 レベッカ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 3rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 BOOWY 洋楽 ボン・ジョヴィ
  • 4th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 サザンオールスターズ 洋楽 マドンナ
  • 5th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1991 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 松任谷由実 洋楽 マドンナ
  • 6th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 ガンズ・アンド・ローゼズ
  • 7th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 マドンナ
  • 8th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1994 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 WANDS 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 9th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1995 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 10th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1996 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 11th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1997 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ミー・アンド・マイ
  • 12th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 Artist of the year 邦楽 GLAY 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 13th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1999 Artist of the year 邦楽 B'z 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 14th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2000 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 15th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2001 Artist of the year 邦楽 浜崎 あゆみ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 16th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2002 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 BACKSTREET BOYS
  • 17th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 18th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 女子十二楽坊
  • 19th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 Artist of the year 邦楽 ORANGE RANGE 洋楽 QUEEN
  • 20th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2006 Artist of the year 邦楽 倖田 來未 洋楽 O-ZONE
  • 21st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 倖田 來未 洋楽 ダニエル・パウター
  • 22nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2008 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 23rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 マドンナ
  • 24th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2010 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 25th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 レディー・ガガ
  • 26th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2012 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 レディー・ガガ
  • 27th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 シェネル
  • 28th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 ONE DIRECTION
  • 29th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ワン・ダイレクション
THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 第30回 ゴールドディスク大賞

第30回日本ゴールドディスク大賞について

当協会は、1987年に日本ゴールドディスク大賞を制定し、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティスト及び作品を顕彰してまいりました。おかげさまで多くの音楽ファンに支えられ今年で第30回の節目を迎えることとなりました。


日本ゴールドディスク大賞は、その選考基準を「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な基準により、"いま日本で最も親しまれているアーティスト・作品"を選出しています。


第30回日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2015年1月1日~2015年12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。


一般社団法人日本レコード協会

アルバム・オブ・ザ・イヤー

邦楽
作品名
Japonism
アーティスト
メーカー
ジェイ・ストーム
  作品情報

嵐、通算14枚目のオリジナルアルバム。
日本の素晴らしさをデビュー16年目の嵐だからこそ出来る新しい解釈で表現した16曲に、ボーナストラック4曲を加えた全20曲を収録。

洋楽
作品名
ザ・ビートルズ 1
アーティスト
ザ・ビートルズ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

デビューから50年、解散から40年以上経て今なお音楽史に多大な影響を及ぼし続けるザ・ビートルズが全英・全米で1位を記録した27曲の最新ステレオ・ミックスを収録した究極のベスト盤。
最先端技術で驚異の高画質を実現したザ・ビートルズ史上初のミュージック・ビデオ集も同時発売。
ザ・ビートルズの世界を最高の音と映像で楽しめる素晴らしい作品。

アジア
作品名
Present
アーティスト
SUPER JUNIOR-D&E
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

アーティストとしてだけではなく、各メンバーがアジア圏を中心に俳優、モデル、MCなど幅広く活躍しているSUPER JUNIOR。そのメンバーであるドンヘ&ウニョクによるダンス&ボーカルユニット・SUPER JUNIOR-D&E。本作「Present」にはシングル曲「SKELETON」を始め今作リード曲「Saturday Night」などのファンキーソングから、「Gift」「Where Is She?」などのバラードソングまで幅広く収録。正しくタイトル通り「彼らの今=Present」と「ファンの皆様への感謝の贈り物=Present」と今まで以上に二人の個性を引き出した一枚となっている

ページトップ

ベスト5アルバム

邦楽
作品名
Japonism
アーティスト
メーカー
ジェイ・ストーム
  作品情報

嵐、通算14枚目のオリジナルアルバム。
日本の素晴らしさをデビュー16年目の嵐だからこそ出来る新しい解釈で表現した16曲に、ボーナストラック4曲を加えた全20曲を収録。

邦楽
作品名
ここがロドスだ、ここで跳べ!
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

2015年1月21日発売。
AKB48 10周年イヤーの幕開けを告げる、まさにレクイエム的アルバム。
21曲の新規書き下ろし・初収録曲をそれぞれに収録。
アルバム・タイトルはイソップ寓話の「ほら吹き男」からの言葉で、『今ここにある現実に、全力で向かい合え』という意味であり、10周年を迎えるAKB48自身への言葉ともとらえられる。

邦楽
作品名
0と1の間
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

2015年11月18日発売。
AKB48の10年間の歴史、記録、記憶がつまったオールタイム・ベスト!
2005年12月8日、東京・秋葉原のAKB48劇場から7名の観客でスタートしたAKB48。
幾度の苦難を乗り越え、名実ともに日本のトップアイドルの座に登り詰めた彼女たちの軌跡が刻まれた珠玉の作品群。
週間ランキング1位のシングル28曲を集めた『No.1 Singles』、ミリオンシングル23曲の『Million Singles』、そしてインディーズ、デフスター時代も含む全43曲を収録した『Complete Singles』。全タイプにそれぞれ新曲も収録!

邦楽

作品名
PLANET SEVEN
アーティスト
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

『PLANET SEVEN』は「ランニングマンダンス」を取り入れた大ヒット曲『R.Y.U.S.E.I.』が収録された三代目 J Soul Brothersとして初のミリオン出荷を記録したアルバムであり、三代目 J Soul Brothersの勢いが詰まったボーナス・トラックを含む12曲を収録。
同作品には、2014年「春夏秋冬」4部作と題してリリースした全てのシングル楽曲、アルバム新録曲として彼らの新たな魅力と勢いを感じさせる三代目 J Soul Brothersらしい新次元のサウンド「Eeny, meeny, miny, moe!」さらに、それぞれの世界観で愛を表現したボーカル今市隆二、登坂広臣のソロバラード2曲を収録した作品。

邦楽

作品名
DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム
アーティスト
DREAMS COME TRUE
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

バンド史上初のコンプリートベストアルバム。キャリア26年の中から選りすぐりの50曲を吉田美和発案により「LOVE」「LIFE」「TEARS」という世界観でCD3枚に収録。4年に一度のグレイテストヒッツライヴ「ワンダーランド2015」との連動もあり一形態にしてCDセールス出荷100万枚突破、ダウンロードセールス合計10万DLを記録し大ヒット。

ページトップ

ベスト3アルバム

洋楽

作品名
ワイルド・スピード スカイミッション
アーティスト
オリジナル・サウンドトラック
メーカー
ワーナーミュージック・ジャパン
  作品情報

2015年に公開された『ワイルド・スピード』7作目シリーズ最新作『ワイルド・スピード スカイミッション』のサウンド・トラック。
シリーズファンはもちろん、シリーズ初体験という若い世代からもリピーターが続出した大ヒット映画。
サントラには、全米シングル・チャートにて12週1位獲得のウィズ・カリファの楽曲「シー・ユー・アゲイン/ウィズ・カリファ(feat. チャーリー・プース)」も収録。

洋楽

作品名
ザ・ビートルズ 1
アーティスト
ザ・ビートルズ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

デビューから50年、解散から40年以上経て今なお音楽史に多大な影響を及ぼし続けるザ・ビートルズが全英・全米で1位を記録した27曲の最新ステレオ・ミックスを収録した究極のベスト盤。
最先端技術で驚異の高画質を実現したザ・ビートルズ史上初のミュージック・ビデオ集も同時発売。
ザ・ビートルズの世界を最高の音と映像で楽しめる素晴らしい作品。

洋楽
作品名
メイド・イン・ザ・A.M.
アーティスト
ワン・ダイレクション
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

全世界トータル・セールス7000万枚を誇る史上最大のグループ、4人体制初のオリジナル・アルバム。
日本では2015年11月23日付オリコン週間アルバムランキングで4作連続となる初登場洋楽1位(5作すべてで最高1位)を獲得したのを始め、約30カ国の1位を記録。

ページトップ

ベスト3アルバム

アジア
作品名
SO GOOD
アーティスト
JUNHO(From 2PM)
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

日本でのソロ活動開始から3年目にして、ファンの皆さまのおかげでこの様な賞をいただけることにこころより感謝いたします。
僕が携わった作品で賞をいただくことができてさらに嬉しいです。
これまでの1歩づつの活動が、皆さまの愛情のおかげでこの様な賞に結びついたと思っています。
本当に、ありがとうございます。ファンの皆さまからいただいた声援に、いい音楽でお返しできるようにこれからも一生懸命頑張るJUNHOになります。
僕のこころはいつもファンの皆さんとともにあります。また、コンサート会場で会えるのを楽しみにしております。
(JUNHO(From 2PM))

アジア
作品名
Present
アーティスト
SUPER JUNIOR-D&E
メーカー
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
  作品情報

アーティストとしてだけではなく、各メンバーがアジア圏を中心に俳優、モデル、MCなど幅広く活躍しているSUPER JUNIOR。そのメンバーであるドンヘ&ウニョクによるダンス&ボーカルユニット・SUPER JUNIOR-D&E。本作「Present」にはシングル曲「SKELETON」を始め今作リード曲「Saturday Night」などのファンキーソングから、「Gift」「Where Is She?」などのバラードソングまで幅広く収録。正しくタイトル通り「彼らの今=Present」と「ファンの皆様への感謝の贈り物=Present」と今まで以上に二人の個性を引き出した一枚となっている

アジア

作品名
2PM OF 2PM
アーティスト
2PM
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

このような素晴らしい賞をいただけて本当に光栄です。「2PM OF 2PM」は僕たち自身が作詞・作曲に携わった楽曲も多く収録されています。僕たちもこの作品に深い愛情を注ぎながら、長い時間をかけて作り上げました。
そのような思い入れのある作品で、このような栄誉ある賞をいただけることに、ファンの皆様にこころより感謝いたします。ありがとうございます。
僕たち2PMはアーティストとして、また、エンターテイナーとして成長した姿をコンサート会場で、皆様の前でお見せできるのを楽しみにしております。
(2PM)

ページトップ

クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
アモール&パシオン
アーティスト
イル・ディーヴォ
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

全世界でアルバム・トータル・セールスが、3000万枚以上を誇る唯一無二の「モンスター」ヴォーカル・ユニット、イル・ディーヴォの2年ぶり7枚目のニュー・アルバムは、情熱のラテン・ラヴソング集。定番曲「ベサメ・ムーチョ」をはじめ、フリオ・イグレシアスの「抱きしめて」、タンゴ「首の差で」、ベートーヴェンの第九をモチーフにした「喜びのシンフォニー」などロマンス、ドラマ、愛、情熱に満ち溢れた名曲の数々を、ロマンティックでエモーショナルな解釈と新たなアレンジで美しく結晶させた、極上の1枚。

ページトップ

ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
Wallflower
アーティスト
ダイアナ・クラール
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

ピアニストとしてヴォーカリストとして、現在のジャズ・シーンをけん引するダイアナ・クラールが、グラミー賞16度受賞、これまでに携わった作品のトータル・セールスが5億枚を超えるという巨匠デイヴィッド・フォスターをプロデューサーに迎えて制作した、60~70年代の有名ポップス・カヴァー集。ポール・マッカートニー作曲の未発表曲も収録し、アメリカではアルバム・チャートTOP10入りを果たすなど大ヒットを記録しました。

ページトップ

インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
DELUXE~Best Duets~
アーティスト
葉加瀬太郎
メーカー
ハッツアンリミテッド
  受賞コメント

<受賞した喜びコメント>
デビュー25周年の節目として発売された「DELUXE ~Best Duets~」が2016年 Instrumental Album of the Yearを受賞という事で大変光栄に思っております。
毎年、アルバムを発売し、毎回のようにゴールドディスク大賞を頂けると進むべき方向は間違ってなかったと確信致します。
<ファンへの感謝の気持ち>
「葉加瀬太郎」は自分であって自分ではないと、僕はいつも思っています。
決して僕一人の力では何も出来ないし何も産み出せない。
僕自身も「葉加瀬太郎」の一部分として存在しているに過ぎない。
これからもたくさんの人と出逢い、たくさんの音楽を作っていきたいと思っております。
これからも、皆様の力で「葉加瀬太郎」を盛り上げて下さい。宜しくお願い致します。
(葉加瀬太郎)

ページトップ