THE GOLD DISC ゴールドディスク/月次認定作品

THE JAPAN GOLD DISC AWARD MONTH

ゴールドディスク大賞/月次認定作品

日本レコード協会では、1989年1月21日以降発売の作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合、下記の基準にしたがってゴールドアルバム等の認定を行っています。この認定は、会員各社からの申請に基づき、毎月10日の認定作品の講評を実施しています。

  • ゴールド・アルバム他 認定基準枚数一覧
    ゴールド
    100,000
    以上
    プラチナ
    250,000
     
    ダブル・プラチナ
    500,000
     
    トリプル・プラチナ
    750,000
     
    ミリオン
    1,000,000
     
    2ミリオン
    2,000,000
     
    3ミリオン
    3,000,000
     
    4ミリオン
    4,000,000
     
    5ミリオン
    5,000,000
     

月次認定作品はこちら

PAST AWARD 過去のゴールドディスク大賞
  • 1st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 中森明菜 洋楽 マドンナ
  • 2nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1988 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 レベッカ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 3rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 BOOWY 洋楽 ボン・ジョヴィ
  • 4th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 サザンオールスターズ 洋楽 マドンナ
  • 5th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1991 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 松任谷由実 洋楽 マドンナ
  • 6th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 ガンズ・アンド・ローゼズ
  • 7th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 マドンナ
  • 8th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1994 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 WANDS 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 9th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1995 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 10th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1996 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 11th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1997 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ミー・アンド・マイ
  • 12th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 Artist of the year 邦楽 GLAY 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 13th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1999 Artist of the year 邦楽 B'z 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 14th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2000 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 15th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2001 Artist of the year 邦楽 浜崎 あゆみ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 16th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2002 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 BACKSTREET BOYS
  • 17th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 18th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 女子十二楽坊
  • 19th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 Artist of the year 邦楽 ORANGE RANGE 洋楽 QUEEN
  • 20th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2006 Artist of the year 邦楽 倖田 來未 洋楽 O-ZONE
  • 21st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 倖田 來未 洋楽 ダニエル・パウター
  • 22nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2008 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 23rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 マドンナ
  • 24th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2010 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 25th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 レディー・ガガ
  • 26th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2012 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 レディー・ガガ
  • 27th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 シェネル
  • 28th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 ONE DIRECTION
  • 29th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ワン・ダイレクション
  • 30th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 31th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2017 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 アリアナ・グランデ
  • 32th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2018 Artist of the year 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ザ・ビートルズ
THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2019 第33回 ゴールドディスク大賞

第33回日本ゴールドディスク大賞について

当協会は、1987年に日本ゴールドディスク大賞を制定し、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティスト及び作品を顕彰してまいりました。おかげさまで多くの音楽ファンに支えられ今年で第33回を迎えることとなりました。


日本ゴールドディスク大賞は、その選考基準を「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な基準により、"いま日本で最も親しまれているアーティスト・作品"を選出しています。


第33回日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2018年1月1日~2018年12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。


一般社団法人日本レコード協会

アルバム・オブ・ザ・イヤー

邦楽
作品名
海のOh, Yeah!!
アーティスト
サザンオールスターズ
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

デビュー20年を記念して発売され空前の大ヒットを記録した企画アルバム『海のYeah!!』から20年の時を経て放たれた、文字通りのプレミアムアルバム。1998年以降今年2018年に至るまでに発表された、サザンオールスターズの数多の名曲の中から厳選した曲が収められた2枚組の作品。

洋楽
作品名
ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
アーティスト
クイーン
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル・サウンド・トラック。タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めた作品。映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャーし、1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲等貴重なトラックが収録されています。

アジア
作品名
FACE YOURSELF
アーティスト
BTS (防弾少年団)
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

大切な賞をくださって本当にありがとうございます。いつも僕たちを信じて、応援してくださるARMYの皆さん、そして僕たちの歌を聴いてくださった皆さんにも、もう一度感謝の気持ちをお伝えしたいです。
もっといい音楽とステージで引き続き成長していく姿をお見せできるように頑張ります。
(BTS (防弾少年団))

ページトップ

ベスト5アルバム

邦楽
作品名
初恋
アーティスト
宇多田ヒカル
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

デビュー20周年にリリースされた7枚目のオリジナルアルバム。
一時活動休止を経てもなお唯一無二の存在であることを証明した復帰作「Fantôme」から19ヶ月、レーベル移籍後初となる7枚目のオリジナルアルバム。伝えきれない感情を、誰もが知っている言葉で描く。言い尽くせない想いを、誰もが親しみを覚える旋律で奏でる。そのポップクリエイターとしての創造性は、デビュー20周年を迎えた今も絶頂期であることを如実に物語る12曲。

邦楽
作品名
僕たちは、あの日の夜明けを知っている
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

9thアルバム。
AKB48を黎明期から支えた元祖「神7」である、小嶋陽菜と渡辺麻友のそれぞれの卒業シングル「シュートサイン」と「11月のアンクレット」を収録。
新しいAKB48のプロローグ的な作品である。先の2名が卒業して、残されたメンバーのもがき、苦悩、そして希望の光が見て取れる。まさに2016年初代総監督高橋みなみ卒業後、「AKB48第二章」としてAKB48が歩んできたストーリーがあらたなる「第三章」の幕開けを告げた作品である。

邦楽
作品名
海のOh, Yeah!!
アーティスト
サザンオールスターズ
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

デビュー20年を記念して発売され空前の大ヒットを記録した企画アルバム『海のYeah!!』から20年の時を経て放たれた、文字通りのプレミアムアルバム。1998年以降今年2018年に至るまでに発表された、サザンオールスターズの数多の名曲の中から厳選した曲が収められた2枚組の作品。

邦楽

作品名
POP VIRUS
アーティスト
星野 源
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

3年ぶりとなる5thアルバム。社会現象となった大ヒット曲「恋」、ドラマ主題歌「Family Song」、「アイデア」、アルバムのタイトルトラックとしてそのサウンドが大きな注目を集めた「Pop Virus」など全14曲を収録。感情や、言葉に出来ない感覚を音で表現するという思いとともに、ビートにこだわって作られた本作はリリース前から評論家やメディアにおいて高く評価され、2018年にリリースされたソロアーティストのアルバムとしてリリース初週の最高売り上げを記録するなど大きな話題となった。

邦楽

作品名
重力と呼吸
アーティスト
Mr.Children
メーカー
トイズファクトリー
  作品情報

25 周年を経ても尚、心の中にロックバンドとしての“叫び” を持ち続けながら、原点に戻って、バンドの中にある音楽に対する情熱、憧れ、愛、衝動に、もう一度4人が必死に立ち向かい渾身のNEW ALBUM を完成させました。“力強く生きる音に対する憧れ” と、現状を超え“ロックバンドとして更にスプリントしていくんだという新たなる覚悟”。バンドとしての生き様を刻み込んだ本作は、Mr.Children 史上最も4人の音楽に対する情熱がダイレクトに音として伝わる力強い作品。

ページトップ

ベスト3アルバム

洋楽

作品名
スウィートナー
アーティスト
アリアナ・グランデ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

世界を代表する歌姫、アリアナ・グランデ。今日までに、計4枚のアルバムを発表し、世界総売上枚数2,600万枚を超えるセールスを記録している。2017年5月のマンチェスター爆破テロ事件後に制作された今作『スウィートナー』(2018年8月発売)には、シングル「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」を筆頭に、同事件に基づく感情の変化や希望、癒し、強く生きることについてのメッセージが込められている。

洋楽

作品名
グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)
アーティスト
オリジナル・サウンドトラック
メーカー
ワーナーミュージック・ジャパン
  作品情報

オリジナル・サウンドトラックとして世界を席巻した、ヒュー・ジャックマン他、豪華ゲストが歌う、大ヒット・ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』は、全世界で約600万枚のアルバムを記録し、2018年に世界で1番売れたCDアルバムという快挙を成し遂げた名盤。

洋楽
作品名
ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
アーティスト
クイーン
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル・サウンド・トラック。タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めた作品。映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャーし、1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲等貴重なトラックが収録されています。

ページトップ

ベスト3アルバム

アジア
作品名
BDZ
アーティスト
TWICE
メーカー
ワーナーミュージック・ジャパン
  受賞コメント

昨年に引き続き、このような大きな賞を受賞させていただき、本当にありがとうございます。『BDZ』は念願のJAPAN 1stアルバムということもあり、色々なTWICEをお見せできた作品であり、ファンの皆さんへの感謝の気持ちを込めた作品で、その大事な作品がたくさんの方に聴いていただけたという形に残り、本当に嬉しく思います。これからも歌で一度、素敵なパフォーマンスで二度、皆さんの心に残る作品を出していきたいです!
(TWICE)

アジア
作品名
FACE YOURSELF
アーティスト
BTS (防弾少年団)
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

ARMYの皆さんの愛と応援のおかげでアルバム・オブ・ザ・イヤーに続き、ベスト3アルバムが受賞できました。いい賞をくださいまして本当にありがとうございます。
2019年も僕たちの歌とステージを通じて、いい気運とエネルギーをお伝えできるように一生懸命頑張ります。
(BTS (防弾少年団))

アジア

作品名
LOVE YOURSELF 結 'Answer'
アーティスト
BTS (防弾少年団)
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

FACE YOURSELFと同時にLOVE YOURSELF 結 'Answer'まで受賞できてうれしくて幸せです。
LOVE YOURSELF シリーズの最後を飾るアルバムだった分、たくさんの方が聴いてくださり、愛してくださったおかげでいい結果が得られたと思います。
自分自身を愛することが本当の愛の始まりだということをいつも覚えて頂ければと思います。ARMY、愛してます~
これからももっと成熟して多様な音楽をお聞かせできるように頑張って作品を準備します。
(BTS (防弾少年団))

ページトップ

クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
ALL TIME BEST
アーティスト
葉加瀬太郎
メーカー
ハッツアンリミテッド
  受賞コメント

2018年は、僕、葉加瀬太郎の生誕50歳のアニバーサリーイヤーとして「ALL TIME BEST」をリリースし、9月~12月にかけ、毎年行われている全国ツアー50公演も無事開催出来ました。
千秋楽は、ソロヴァイオリニストとしては初となる日本武道館で、多くの皆様に祝って頂き歴史に残るコンサートを行う事が出来ました。
そして、ここ数年、頂いておりますゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを今回も受賞出来た事、大変嬉しく思っております。ありがとうございます。春には、今年で4回目を迎えるHATS MUSIC FESTIVAL Vol.4葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニスト 2019~の開催が決まっております。また、舞台を古都・京都上賀茂神社に移し、毎年恒例の夏フェスを世界文化遺産で装い新たに開催する予定です。今年も素敵な作品&コンサートをたくさんお届け出来そうです。
楽しみにしていてください。これからも、どうぞ応援よろしくお願い致します。
(葉加瀬太郎)

ページトップ

ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
ザ・ロスト・アルバム
アーティスト
ジョン・コルトレーン
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーン(1926-1967)の完全未発表スタジオ録音作品。
マッコイ・タイナー~ジミー・ギャリソン~エルヴィン・ジョーンズという通称・黄金のカルテットを率いて、1963年3月6日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオで行った公式セッションが録音から55年を経て発売されました。

ページトップ

インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
シネマ
アーティスト
村治佳織
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

『シネマ』に関わってくださったすべての方々に心から感謝申し上げます。発売されて、半年足らずでこのような素晴らしい賞をいただくことができたのも、このアルバムをお聴きくださった皆様のおかげです!またシネマ・テーマの名作をギターで表現できて幸せでした。この賞を励みに引き続き、『シネマ』の世界観を心の中で大切に育み、大好きなギターの素晴らしさを演奏を通してお伝えしていければと思っております。本当にありがとうございます。
(村治佳織)

ページトップ

twitter
facebook