THE GOLD DISC ゴールドディスク/月次認定作品

THE JAPAN GOLD DISC AWARD MONTH

ゴールドディスク大賞/月次認定作品

日本レコード協会では、1989年1月21日以降発売の作品に対し、発売日からの累計正味出荷枚数が一定を超えた場合、下記の基準にしたがってゴールドアルバム等の認定を行っています。この認定は、会員各社からの申請に基づき、毎月10日の認定作品の講評を実施しています。

  • ゴールド・アルバム他 認定基準枚数一覧
    ゴールド
    100,000
    以上
    プラチナ
    250,000
     
    ダブル・プラチナ
    500,000
     
    トリプル・プラチナ
    750,000
     
    ミリオン
    1,000,000
     
    2ミリオン
    2,000,000
     
    3ミリオン
    3,000,000
     
    4ミリオン
    4,000,000
     
    5ミリオン
    5,000,000
     

月次認定作品はこちら

PAST AWARD 過去のゴールドディスク大賞
  • 1st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1987 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 中森明菜 洋楽 マドンナ
  • 2nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1988 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 レベッカ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 3rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1989 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 BOOWY 洋楽 ボン・ジョヴィ
  • 4th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1990 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 サザンオールスターズ 洋楽 マドンナ
  • 5th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1991 The Grand Prix Artist of the year 邦楽 松任谷由実 洋楽 マドンナ
  • 6th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1992 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 ガンズ・アンド・ローゼズ
  • 7th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1993 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 CHAGE & ASKA 洋楽 マドンナ
  • 8th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1994 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 WANDS 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 9th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1995 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 10th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1996 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 trf 洋楽 マライア・キャリー
  • 11th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1997 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ミー・アンド・マイ
  • 12th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1998 Artist of the year 邦楽 GLAY 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 13th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 1999 Artist of the year 邦楽 B'z 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 14th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2000 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 セリーヌ・ディオン
  • 15th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2001 Artist of the year 邦楽 浜崎 あゆみ 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 16th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2002 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 BACKSTREET BOYS
  • 17th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2003 Artist of the year 邦楽 宇多田ヒカル 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 18th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2004 Artist of the year 邦楽 浜崎あゆみ 洋楽 女子十二楽坊
  • 19th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2005 Artist of the year 邦楽 ORANGE RANGE 洋楽 QUEEN
  • 20th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2006 Artist of the year 邦楽 倖田 來未 洋楽 O-ZONE
  • 21st THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2007 日本ゴールドディスク大賞 邦楽 倖田 來未 洋楽 ダニエル・パウター
  • 22nd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2008 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 アヴリル・ラヴィーン
  • 23rd THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2009 Artist of the year 邦楽 EXILE 洋楽 マドンナ
  • 24th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2010 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 25th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2011 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 レディー・ガガ
  • 26th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2012 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 レディー・ガガ
  • 27th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2013 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 シェネル
  • 28th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2014 Artist of the year 邦楽 AKB48 洋楽 ONE DIRECTION
  • 29th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2015 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ワン・ダイレクション
  • 30th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2016 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 ザ・ビートルズ
  • 31th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2017 Artist of the year 邦楽 嵐 洋楽 アリアナ・グランデ
  • 32th THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2018 Artist of the year 邦楽 安室奈美恵 洋楽 ザ・ビートルズ
THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2019 第33回 ゴールドディスク大賞

第33回日本ゴールドディスク大賞について

当協会は、1987年に日本ゴールドディスク大賞を制定し、以来毎年、当該年度のレコード産業の発展に大きく貢献したアーティスト及び作品を顕彰してまいりました。おかげさまで多くの音楽ファンに支えられ今年で第33回を迎えることとなりました。


日本ゴールドディスク大賞は、その選考基準を「CD、ビデオ等の正味売上実績(総出荷数から返品数を差し引いたもの)と有料音楽配信の売上実績」という客観的な基準により、"いま日本で最も親しまれているアーティスト・作品"を選出しています。


第33回日本ゴールドディスク大賞は、当該年度(2018年1月1日~2018年12月31日)の売上実績に基づき各賞を授与しています。


一般社団法人日本レコード協会

サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
アーティスト
クイーン
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

大ヒット映画「ボヘミアン・ラプソディ」のオリジナル・サウンド・トラック。タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めた作品。映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャーし、1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲等貴重なトラックが収録されています。

ページトップ

アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
Fate/Grand Order Original Soundtrack Ⅱ
アーティスト
Fate/Grand Order
メーカー
アニプレックス
  受賞コメント

昨年に続き、再びこのような栄誉に与ることができ、驚きと共に感激しています。改めまして『Fate/Grand Order』を楽しみ、支えて下さった皆様に御礼申し上げます。本当にありがとうございました。今年はFateシリーズが始まって15周年ということもあり、この節目にあたっての受賞は、より輝かしく、誇らしく、嬉しく思います。いただいた喜びを皆様の喜びとしてお返しできるよう、これからも頑張って参りますので、引き続き応援をよろしくお願い致します。ありがとうございました。
(TYPE-MOON 芳賀敬太)

ページトップ

純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
平成30年度(第54回)日本コロムビア全国吟詠コンクール課題吟 水引
アーティスト
日本コロムビア吟詠音楽会
メーカー
日本コロムビア
  受賞コメント

“吟詠課題吟 水引”の輝かしきゴールドディスク賞受賞朗報を受け、吟詠愛好家はじめ会員一同、優しく・美しく・広い視野と思いやりの心を忘れずにさらに大きな花を咲かせることを信じ、吟詠道に努力してまいります。有難うございました。
(日本コロムビア吟詠音楽会 代表理事会長 桶谷 霞心)

ページトップ

企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー

作品名
アダムとイヴの林檎
アーティスト
V.A.
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

椎名林檎デビュー20周年を祝した企画作品となる本作。
様々な枠を飛び越えた豪華アーティストが参加。
彼女の遺してきた楽曲が、同じ時代に第一線で活躍するアーティストによって刷新されました。
制作にあたり設けたテーマは「世代を越える・ジャンルを越える・国境を越える・関係を越える(今回限りのコラボレーション)」。
林檎トリビュートだからこそ成し得た4つのテーマの交配。産み落とされた禁断の果実の味とは?
個性溢れる自由な味付けをとくとご賞味ください。

ページトップ

シングル・オブ・ザ・イヤー

作品名
Teacher Teacher
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

52ndシングル
小栗有以が初センターを担当したが、彼女のイメージとは真逆のMV・アーティスト写真・ジャケット写真、すべてが超絶セクシー路線。今作の振り付けはAKB48では初の外国人振付師を採用!神話(SHINHWA)やPSY、そして日本デビューを飾ったGFRIENDSを手がけるパク・ジュニを韓国より招聘。艶めかしい手振り・腰付き、そしてメンバーが次々と入れ替わり、ダンスバトルを繰り広げるAKB48史上最もセクシーなダンスに仕上がった。

ページトップ

ベスト5シングル

作品名
センチメンタルトレイン
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

53rdシングル
2018年6月16日に愛知ナゴヤドームで開催された、「第10回世界選抜総選挙」の上位16名による選抜メンバーの予定であったが、地元名古屋で栄えある1位を手にしたSKE48松井珠理奈が、その直後に体調不良による長期休養となり、異例のセンター不在での15名によるレコーディング&MV撮影となった。そのためMVは松井珠理奈の予定出演部分を絵コンテやCGで表現した未完成なMVが本作品には収録され話題となる。珠理奈はその後無事復帰、完成版の音源&MVを待ち望むファンの元に届けた。

作品名
Teacher Teacher
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

52ndシングル
小栗有以が初センターを担当したが、彼女のイメージとは真逆のMV・アーティスト写真・ジャケット写真、すべてが超絶セクシー路線。今作の振り付けはAKB48では初の外国人振付師を採用!神話(SHINHWA)やPSY、そして日本デビューを飾ったGFRIENDSを手がけるパク・ジュニを韓国より招聘。艶めかしい手振り・腰付き、そしてメンバーが次々と入れ替わり、ダンスバトルを繰り広げるAKB48史上最もセクシーなダンスに仕上がった。

作品名
NO WAY MAN
アーティスト
AKB48
メーカー
キングレコード
  作品情報

54thシングル
宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美の3名がIZ*ONE専任となり、48グループとしての活動が2年6ヶ月休止となるため、本作は彼女たちの「IZ*ONE専任前ラストシングル」という位置づけとなった。
MVはイメージシーンのごく僅かな微笑みを除けば、アイドルらしい可憐な立ち振舞や笑顔は無く鬼気迫るメンバーの表情、そして極端に少ないリップシーンで構成されており、「AKB48史上最高難度を更新したダンス」と評された。

作品名
ジコチューで行こう!
アーティスト
乃木坂46
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

乃木坂46通算21枚目となる、夏にピッタリなサマ―・チューン。
齋藤飛鳥が約2年振りに単独センターを務め、リリース前から話題沸騰。
また乃木坂46が過去最大規模となったドーム&スタジアムツアー「真夏の全国ツアー2018」を牽引した楽曲でもある。

作品名
シンクロニシティ
アーティスト
乃木坂46
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

白石麻衣が約5年振りに単独センターを務め、リリース前から話題沸騰した乃木坂46通算20枚目となるシングル。
パッケージセールスのみならず、配信やYou Tube再生回数、また有線リクエストチャートなど、自身が持つ記録を全て塗り替えた作品となった。
「第60回 輝く!日本レコード大賞」大賞受賞曲。

ページトップ

ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード

邦楽
作品名
Lemon
アーティスト
米津玄師
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

初めてのドラマ主題歌であり、自分の思っていた以上に広いところまで、本当に想像もつかない広いところまで届くような曲になり、良くも悪くも自分をまた⼤きく違う場所へ連れて⾏ってくれた楽曲です。
これからの音楽家としての⼈⽣において、この曲が北極星として輝き続けてくれるような気が今はしています。
本当にありがとうございました。
(米津玄師)

洋楽
作品名
ザ・ミドル
アーティスト
ゼッド、マレン・モリス、グレイ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  アーティスト情報

本名:アントン・ザスラフスキ(28)、ドイツ出身。グラミー賞受賞DJ兼プロデューサー。既発のシングルは、全世界で1200万ダウンロード&ストリーミング再生85億回超え。これまでに、アリアナ・グランデやセレーナ・ゴメスなどの歌姫とコラボ。グレイとマレン・モリスを迎え昨年発表した「ザ・ミドル」は、第61回グラミー賞の主要部門の年間最優秀レコードと年間最優秀楽曲の2部門を含む計3部門にノミネート!

アジア
作品名
Candy Pop
アーティスト
TWICE
メーカー
ワーナーミュージック・ジャパン
  受賞コメント

昨年に引き続き、このような大きな賞を受賞させていただき、本当にありがとうございます。
『Candy Pop』は音源としてもMV作品としても、たくさんの方に愛していただくことができました。
色々な挑戦をして、たくさんの方に関わっていただけた作品なので、愛してくださったONCE(ファン)の皆さんはもちろん、関わってくださった方すべてに感謝です。ありがとうございました。
(TWICE)

ページトップ

ベスト5ソング・バイ・ダウンロード

作品名
初恋
アーティスト
宇多田ヒカル
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  作品情報

TBS系火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』のイメージソングとして書き下ろされた楽曲。 宇多田ヒカルが『花より男子』シリーズでタイアップするのは2007年放送のTBS系金曜ドラマ『花より男子2(リターンズ)』のイメージソング「Flavor Of Life -Ballad Version-」以来2度目。

作品名
U.S.A.
アーティスト
DA PUMP
メーカー
エイベックス・エンタテインメント
  作品情報

1992年にイタリアで発売されたユーロービート曲「U.S.A.」に日本語歌詞をつけ、EDMのアレンジを加えたカバーソング。ノリやすく耳に残るメロディーと、親指を立てながら片足を上げて踊る‘イイね!ダンス’や‘90年代のハマーの横歩きを取り入れたステップ’が話題となる。発売から4ヶ月後の10月には動画の再生回数が1億回を突破し、2018年を代表する国民的大ヒット曲となった。

作品名
アイデア
アーティスト
星野 源
メーカー
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
  作品情報

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」主題歌として配信開始と同時に各音楽配信サイトで軒並み1位を記録。曲が進むにつれさまざまな変化を遂げていくそのサウンドメイクは大きな反響を呼ぶ。70台以上のカメラを使った“アイデア”が詰まったMUSIC VIDEOも大きな話題に。

作品名
アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)
アーティスト
MISIA
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  受賞コメント

デビュー20周年イヤーに素晴らしい出会いに恵まれ、TBSドラマ「義母と娘のブルース」の主題歌として、GReeeeNのHIDEさん作詞作曲・亀田誠治さん編曲による、この「アイノカタチ」を心を込め歌わせていただきました。その「アイノカタチ」が、このような賞を受賞し大変嬉しく感じております。
『多くの人に歌が届いた』歌手として、こんなに幸せなことはありません。
このことを励みに、これからも誰かの愛や幸せを応援出来るよう心を込めて歌っていきたいです。
(MISIA)

作品名
Lemon
アーティスト
米津玄師
メーカー
ソニー・ミュージックレーベルズ
  アーティスト情報

1991年3月10日生まれ。楽曲だけではなく、ジャケットのイラストや、ミュージックビデオも手がけるマルチクリエイター。
インターネットにオリジナル曲を投稿し始め、中毒性のあるロックサウンドで存在感を切り開いていき、2012年、米津玄師として初のアルバムを発表。昨年発表の「Lemon」は2018年各主要年間チャートを総なめにし、数々の記録を樹立。MVはYouTubeで前代未聞の1年足らずで3億再生を突破。

ページトップ

ベスト・ミュージック・ビデオ

邦楽
作品名
namie amuro Final Tour 2018
〜Finally〜
アーティスト
安室奈美恵
メーカー
stella 88
  作品情報

安室奈美恵、引退前最後の全国ドームツアー「namie amuro Final Tour 2018~Finally~」を映像化。
本ツアーは、2018年2月から国内17公演+アジア6公演で開催され、ソロアーティスト史上最多となる約 80 万人を動員。セットリストは、ファン投票の上位から選ばれた24曲と、ダブルミリオンを突破したオールタイム・ベストアルバム「Finally」収録の新曲6曲で構成された、安室奈美恵25年の歴史を辿るベスト・ライブとなった。
音楽映像作品において史上初となる100万枚のセールスを突破し、DVD・BD歴代最高売上を記録した。

邦楽
作品名
ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」
アーティスト
メーカー
ジェイ・ストーム
  作品情報

2017年11月から2018年1月にかけて開催され、全18公演で855,000人を動員した、嵐、6年連続9度目となる5大ドームツアーの東京公演をパッケージ。”未完”をテーマに”これからの嵐”を存分に見せ切った圧巻のステージングとパフォーマンスの模様をたっぷりと収録しています。

邦楽
作品名
Hey! Sɑy! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018
アーティスト
Hey! Sɑy! JUMP
メーカー
ジェイ・ストーム
  作品情報

彼らが全力で駆け抜けた10周年イヤーの集大成となった、グループ初の3大ドームツアーから、東京ドーム公演の模様をパッケージ!人気曲を網羅したセットリストでのパフォーマンスに加え、彼らがファンとともに歩んできた10年の軌跡が表現された圧巻のライブの模様を追体験することができる、プレミアムな映像作品です。

洋楽
作品名
フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ - サンノゼ 1999
アーティスト
ザ・ローリング・ストーンズ
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  作品情報

"フロム・ザ・ヴォルト"シリーズからの作品、バンドの豊富なアーカイヴから新たに発掘された未発表映像/音源を収録。1999年の北米ツアーの最終公演地となったサンノゼにおける、ザ・ローリング・ストーンズの熱気溢れるパフォーマンスであり、1965年以来、久々に訪れたこの土地で、バンドは2夜連続公演を実施。バンドがより身近に感じられる、それまでより小規模なアリーナ・クラスの会場で行われ、過度な仕掛けや演出を排し、音楽そのものに特化したこの際のパフォーマンスはバンドのファンにとって決して忘れられないものとなった。

アジア
作品名
2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE Ⅲ THE WINGS TOUR IN JAPAN ~SPECIAL EDITION~ at KYOCERA DOME
アーティスト
BTS (防弾少年団)
メーカー
ユニバーサル ミュージック
  受賞コメント

日本で初めてドーム公演を行ったWINGS TOURの京セラドームの映像で受賞できまして本当にうれしくて胸がいっぱいです。まだその時の感動は忘れられません。
大勢のファンの方々が大きい歓声で僕たちを迎えてくださり、大きなエールを送ってくださったことが記憶に残っています。引き続きいつも最善を尽くす姿がお見せできるようにします。ありがとうございます。
(BTS (防弾少年団))

ページトップ

特別賞

作品名
U.S.A.
アーティスト
DA PUMP
メーカー
エイベックス・エンタテインメント
  作品情報

1992年にイタリアで発売されたユーロービート曲「U.S.A.」に日本語歌詞をつけ、EDMのアレンジを加えたカバーソング。ノリやすく耳に残るメロディーと、親指を立てながら片足を上げて踊る‘イイね!ダンス’や‘90年代のハマーの横歩きを取り入れたステップ’が話題となる。発売から4ヶ月後の10月には動画の再生回数が1億回を突破し、2018年を代表する国民的大ヒット曲となった。

ページトップ

THE JAPAN GOLD DISC AWARD 2019:第33回 日本ゴールドディスク大賞 各賞一覧

アーティスト

アーティスト・オブ・ザ・イヤー

邦楽
1組
洋楽
1組

対象期間中の作品・楽曲の正味売上金額合計が最も多いアーティスト

ベスト・エイジアン・アーティスト

アジア
1組

同区分該当アーティストの内、対象期間中の作品・楽曲の正味売上金額合計が最も多いアーティスト

ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト

-
1組

同ジャンル該当アーティストの内、対象期間中の作品・楽曲の正味売上金額合計が最も多いアーティスト

ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー

邦楽
1組
洋楽
1組
アジア
1組

ニュー・アーティスト賞受賞者の内、作品・楽曲の正味売上金額の合計が最も多いアーティスト

ベスト5ニュー・アーティスト

邦楽
5組

対象期間中にデビューした邦楽アーティストで、作品・楽曲の正味売上金額合計の上位5組

ベスト3ニュー・アーティスト

洋楽
3組

対象期間中にデビューした洋楽アーティストで、作品・楽曲の正味売上金額合計の上位3組

ベスト3ニュー・アーティスト

アジア
3組

対象期間中にデビューしたアジア諸国のアーティストで、作品・楽曲の正味売上金額合計の上位3組

ベスト・演歌/歌謡曲・アーティスト

-
1組

対象期間中にデビューした同ジャンル該当アーティストで、作品・楽曲の正味売上金額合計が最も多いアーティスト

アルバム

アルバム・オブ・ザ・イヤー

邦楽
1作品
洋楽
1作品
アジア
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

ベスト5アルバム

邦楽
5作品

対象期間中に発売されたアルバムの正味売上枚(作品)数上位5作品

ベスト3アルバム

洋楽
3作品

対象期間中に発売されたアルバムの正味売上枚(作品)数上位3作品

ベスト3アルバム

アジア
3作品

対象期間中に発売されたアルバムの正味売上枚(作品)数上位3作品

クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

サウンドトラック・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

純邦楽・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

企画・アルバム・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたアルバムで正味売上枚(作品)数が最も多い作品

シングル

シングル・オブ・ザ・イヤー

-
1作品

対象期間中に発売されたシングルで正味売上枚数が最も多い作品

ベスト5シングル

-
5作品

対象期間中に発売されたシングルの正味売上枚数上位5作品

配信楽曲

ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード

邦楽
1作品
洋楽
1作品
アジア
1作品

対象期間中に配信が開始された有料ダウンロード数の合計が最も多い作品(シングルトラック)

ベスト5ソング・バイ・ダウンロード

-
5作品

対対象期間中に配信が開始された有料ダウンロード数合計の上位5作品(シングルトラック)

ビデオ

ベスト・ミュージック・ビデオ

邦楽
3作品

対象期間中に発売されたビデオの正味売上枚(作品)数上位3作品

洋楽
1作品

対象期間中に発売されたビデオで、正味売上枚(作品)数が最も多い作品

アジア
1作品

対象期間中に発売されたビデオで、正味売上枚(作品)数が最も多い作品

特 別 賞

-
1組

ページトップ

twitter
facebook